本 原稿零枚日記 小川洋子

画像




原稿零枚日記 小川洋子

女の小説家の日常が描かれている短編集。
ユーモアもありどことなく悲しみをたたえた気持ち悪さもあり、
怖いものみたさにどこまでも読み進んでしまう。
自分もそんなに普通ぶって生きなくても本能のままに生きてもいいんじゃないか、
ばれないんじゃないかという気持ちにさせられ、
ある意味元気をもらえる小説でした。

そして過去に出会った変な人たちのことを思い出しました。
1人は17・8年前に今の街に引っ越してきたばかりで、
口座を作るために銀行の椅子に座っていると、
化粧の濃い老婆が寄ってきて
わたしの耳もとで小声で、
「あんた、この街の人?
わるおには気をつけたほうがいいよ、
わるおに関わるとろくなことがないからね。
わたしもわるおのおかげでひどい目にあったんだよ。」
とわるおの悪口をえんえんと話し続けました。

わるおって誰だったんだろう?

そのとき、わたしは引っ越して来てまだ数日で、
この街はこういう人がいる街なのだと
洗礼を受けるような気持ちで、
自分の順番が来て名前が呼ばれるまで
老婆の話を聞きながら
おとなしく座っていた気がします。
そんなことを思い出しました。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック