テーマ:

本:東海道中膝栗毛を旅しよう 田辺聖子

東海道中膝栗毛を旅しよう 田辺聖子 お聖さんに十返舎一九の東海道中膝栗を 解説してもらいながら旅した気持ちになれる本。 お店や宿なども詳しく載っていて 実際にこのルートで旅してみたくなります。 東海道中膝栗毛は読まなくてもいいかな。笑 東海道中膝栗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本 原稿零枚日記 小川洋子

原稿零枚日記 小川洋子 女の小説家の日常が描かれている短編集。 ユーモアもありどことなく悲しみをたたえた気持ち悪さもあり、 怖いものみたさにどこまでも読み進んでしまう。 自分もそんなに普通ぶって生きなくても本能のままに生きてもいいんじゃないか、 ばれないんじゃないかという気持ちにさせられ、 ある意味元気をもらえる小説でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本:百歳の力

本:百歳の力 篠田桃紅 2014年6月初版発行 「世の中というものはどのようにも考えられるんですよ。 どのように考えてもいいどころじゃない。 どのようにでも考えなくてはいけない。それが鍵です。」 「基本的には自由な気持ちでさまざまなものと接する。 クリエイトするということはないものをつくることです。」 「ゲテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本:大人の女は、こうして輝く。

本:大人の女は、こうして輝く。 著 藤原美智子 2014年初版発行 メイクアップアーティストの藤原美智子さんの大人の女が 女らしく美を保つための心得をかいたエッセイ集。 前半の、具体的なメイク方法は参考になった。 特に藤原さんと同年代のアラフィフ世代の大人の女に向けて かかれているのでとても参考になる。 ファ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

本: 時間をかける贅沢旅行 寝台列車の旅

本:時間をかける贅沢旅行 寝台列車の旅 (ショトルトラベル) 単行本 片山 虎之介 (著), 『サライ』編集部 (編集) 2002年3月発行 この本が出てすぐに、 次々と寝台列車が運行を終了して、 現在、運行しているのは、 13本中2本だけ。サンライズ出雲とサンライズ瀬戸のみ。。。。 時代の流れを感じます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本:樋口可南子のいいものを、すこし。

樋口可南子のいいものを、すこし。 清野恵理子著 浅井佳代子写真 2009年発行 50歳になった可南子さんのお気に入りのものを毎回紹介する写真とエッセイ集。 かなこさんが来ている服が毎回とても素敵。 写真もどれも素敵。 こんな写真が撮れるようになりたいなぁ。。。 が、しかし、インド染…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本:わたしくしが旅から学んだこと

本:わたしくしが旅から学んだこと 兼高かおる著 日曜日の朝の定番、「兼高かおる世界の旅(1959~1990)」の兼高かおるさんのエッセイ集。 芥川隆行さんとの掛け合いも好きだった。節度ある大人の会話という感じで。 あの番組は兼高さんとカメラマンと助手の3人で世界を回って作っていたのだそうな。 1990年までやっていたのも知らなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本:こぐれひでこのベトナム332048歩

本:こぐれひでこのベトナム332048歩  こぐれひでこ著 いまから17年前こぐれひでこさんが52歳の時に 一人で3週間ベトナムを旅をした記録。 むかしからよくベトナム人を間違えられ、 ベトナムに親近感をもって旅立ったひでこさんだが、 ひとりで3週間歩き回って 最後にはベトナム料理いやいや病にかかってしまう。 やはりベトナム人で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本:地球で生きている ヤマザキマリ流人生論

本:地球で生きている ヤマザキマリ流人生論 ヤマザキマリ著 ヤマサキマリのエッセイ集。 この人の発言は、海外生活が長いだけあって、日本人っぽくないところがとても共感できて小気味よい。 鼻の穴を膨らませて、なんとなく面白いことをいいだしそうな顔も好きだ。 『地面を踏みしめながら、紙の上にペンを走らせながら、 移動していよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本:生きる力ってなんですか?

本:生きる力ってなんですか? おおたとしまさ それぞれの著者が生きる力について 子ども編は子供にわかりやすいように、大人編はよりくわしく書いている。 内容は子ども編大人編も大体同じ。 ※子ども編 内田樹 乙武洋匡 西原理恵子 C.W.ニコル 椎名誠 高濱正伸 三浦雄一郎 ※大人編 乙武洋匡 西原理恵子 C.W.ニコル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

よみきかせ 斎藤孝のイッキによめる!世界の偉人伝

今年度最後の読み聞かせがありました。 今年度は、3回とも偉人伝でした。 ガリレオガリレイ・シュリーマン・そして最後はエジソン。 エジソンの 天才は天があたえてくれる1%のひらめきとそれを実現する99%の努力からなるものです。 という言葉はとても有名ですが、 わたしは大人になってから知りました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫弁当 と お弁当本

夫の簡単弁当。 夫のダイエットに協力してます。 冷凍庫にいれてあったミートソースでささっと晩御飯。 大目につくっておくと重宝ですね。 お弁当本をまた買ってしまいました。 「やっぱりお昼はおべんとう」 婦人乃友社 よいおべんとう 6つの条件 ・冷めてもおいしく食べられる材料と調理法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本:暮らしを旅する 中村好文 ☆☆☆

本:暮らしを旅する 中村好文 本格建築家ならぬ、本書く建築家中村好文さんのエッセイ集です。 各エッセイごとに一枚の写真が示されて、そのあとにその写真に関連するエッセイが見開き2ページもしくは4ページに書かれていて、サラサラと読める本です。 もともとは毎日新聞の日曜版に連載されていたものだそうです。 この本の中から、わたし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よみきかせ

今年度2回目にして最後の読み聞かせにいってきました。 今回は、芥川龍之介のくもの糸。 美しい日本語とリズムを 子供達に紹介しました。 芥川賞はしってたけど、 芥川さんがどんな話を 書いているのか知らなかったので わかってよかったと 感想がきけました。 ちなみに、前回は アインシュタインの伝記ですた。 (よみきかせノートよ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

贈り物

子供のことしの誕生日に送った本です。 去年は、サッカー本をおくりました。 どんな本なら喜ぶかなぁと 考えながら選ぶのは とても楽しい。 毎日、ランドセルに入れて学校にもっていって、 うちにかえったらまたランドセルから出して読んでいるので、 気に入ってくれたみたいです。 読み終わったら 貸してもらおう! 宇宙人に会いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

曽野綾子さん

最近、曽野綾子さんの本にはまってます。 曽野さんの文章を読むと、 すっきりと勇気づけられます。 今回の本のタイトルも、 なんと頼もしいことでしょう! タイトルだけで、 溜飲が下がります!笑
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポルトガル料理

先日のポルトガル料理のシェフの 丹田さんは、 料理本も出していらっしゃいます。 京都で、限定ランチや教室も やられているそうです。 家庭で作るポルトガル料理―魚とお米と野菜たっぷり河出書房新社 丹田 いづみ Amazonアソシエイト by ポルトガル 小さな街物語 単行本JTB丹田 いづみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塗り絵

時間があるとき、ボチボチと 曼荼羅塗り絵をやってます。 1年位前に買って、 なんとなくそのまま寝かせていましたが、 最近始めました。 主に寝る前にやっています。 手を動かしながら、 心はあちらこちら飛び回りますが、 でも、 自分と向き合ういい時間です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2月のよみきかせ コンビニエンスドロンパ

しばらくご無沙汰してましたが、元気にしてました。 なかなか落ち着いてパソコンに向かう時間が取れなかった毎日でした。 (ウェブリブログのスマホ用のアプリがすぐ止まってしまうので、スマホからの更新は休止中。) 2月のそして、今年最後の読み聞かせでした。 キツネおやぶんがオーナーのコンビニエンスドロンパ、店長はのっぺらぼう。 丑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月のよみきかせ 「もりのてがみ」 片山玲子さく 片山健え

もりのてがみ 片山玲子さく 片山健え 今年初の読み聞かせ本。 今回はうちにある本の中から選びました。 ひろこさんが寒くて出かけられない冬の日にお友達に手紙を書くお話です。 お友達は、りす、とかげ、ことり、のうさぎ、もみの木。 暖かい風が吹き始め春になる頃、お友達からの返事が届きます。 ひろこさんの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月の読み聞かせ 「ルピナスさん -小さなおばあさんのお話―」

11月の読み聞かせ 「ルピナスさん -小さなおばあさんのお話―」 バーバラ・クーニーさく/かけがわやすこ やく ルピナスさん―小さなおばあさんのお話ほるぷ出版 バーバラ クーニー Amazonアソシエイト by 今年度2回目の小学校での読み聞かせに行ってきました。 ことしは回数が少ないので行く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

9月のよみきかせ(今年度初)

9月の初めに読み聞かせに行ってきました。 ことしはおかあさんがたくさん参加しているので 9月からになってやっと順番がまわってきました。 久しぶりで緊張しました。 今回は、うちにある本の中で、秋らしい本を選びました。 あかとんぼ 作・工藤直子 写真・木原和人 イガイガ 作・さとうゆみか 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

120412 夫のお弁当 と 本

胚芽米 塩昆布 フライ アスパラ肉巻き 割り干し大根の煮浸し プチトマト 春休みに実家に帰ってから 本を読む楽しみを久々にあじわってます。 「高慢と偏見」をよみおわり(面白かった!) きょうから、宮尾登美子の「平家物語」に とりかかりました。 これは長いので読み応えありそう! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読み聞かせ

うちの子が通ってる小学校には 父兄の(っていったって全員母だけど)読み聞かせボランティアの 時間があります。 1年生は月に3回。 朝の10分です。 わたしも参加してきました。 この一年間はできるだけ学校の行事に参加する方針です。 読み聞かせの本によると、 大事なことは、 1.本に折り目を付け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

110430 夫の野菜弁 と 角煮

のり弁 胚芽米 ひじき志ぐれ 海苔 豚肉角煮 煮卵 サヤエンドウ 若竹煮 ひじき煮 すっごくひさびさに、 肉の塊がたべたくなって、 豚の角煮をつくりました。 バラ肉は、脂身だらけのしか売ってなかったので、 ロース肉でつくりました。 家のなかが、とんこつラーメン屋みたいに、すごく豚肉臭くなりました。(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書源にて

阿佐ヶ谷のこだわりの本屋 書源にて、 「一週間4人分3000円のおかず」 を購入しました。 前回訪れた時に、ミニミニサイズで、持ち歩くのに楽そうなので、気になっていたのですが、今回寄ったらまたあったので、買っちゃいました。 でも、 中身をみたら、 この本、小食家族用の本でした。 っていうか、これが普通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 トイストーリー3 ☆☆☆☆

トイストーリー 子供が大好きなので、 封切と同時に見に行きました☆ テレビでの予告編をみるだけで、もうウルウル アンディが大きくなってる…、これだけで、 なんとなく切ないストーリーが想像できました。。。 本編はというと… アンディが大学生活を送るために家を離れることになり、 ママからあなたの部屋の荷物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本 ホテルカクタス 江國香織  ★★★★☆

ホテル カクタス 江國香織 わたしが江国香織の小説で好きなところは、 ちょっとしたところで思わず、くすっと笑わされるところ。 登場人物が、いかにも生真面目なのだが、 そのまじめさゆえに、世の中と少しズレていて そのズレ加減が面白くてわらってしまう。 この小説の登場人物は、 帽子ときゅうりと数字の2。 もうそれだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more